ダイエット中の体重は1週間の平均で考えるべき理由

スポンサーリンク

こんばんはー!462Mです!

今日の記事では体重について説明したいと思います。

まずはこれを見てください。

僕が以前つけた半年分の体重、体脂肪率の遷移グラフです。

後半サボったのが分かりますが。。。
それよりも個別の日にち単位だと上下しつつ、下落傾向なのが分かると思います。

今の株価と一緒ですね^ ^(汗

スポンサーリンク

1日の体重の変化では脂肪が増えてるか減ってるか分からない

上の図を見てもらうと分かるのですが、体重は減ったり増えたりを繰り返しつつも、落ちたというのが理解できるかと思います。

この期間やっていた事は無理のない範囲で「消費カロリ>摂取カロリー」と筋トレを続けていただけです。

例えば、こんな事がありました。

摂取カロリーも300kcal減、筋トレ+有酸素運動で消費カロリーも300kcal減なのに翌日1kg増える!

なでやねん。というの何回も経験しました。

よーく考えると、お昼にカロリー少なめとはいえラーメン食べてるんですよね。
塩分が多くてむくむんですよね〜。

ラーメンは消費カロリーと摂取カロリーの収支がつくなら僕は食べる派です。

チートデイ!消費カロリー以上を食ってやった!

はずなのに、翌日は前日よりも体重が低い。

なんてのもありました。
後から考えると、夜中寝てる時に暑くて汗かいたとかなんですよね。

結局は水分なんです。

晴れ、雨、湿度など天気など外部要因も影響が多いので1kg前後はガンガン変わりますね。

体重は1週間平均で見るのが大切

これがですね。
1週間の平均値で数字をとっていくと、体脂肪が減ってるか増えてるかが見えてくるんです。

改めて公開しますが、エクエルなどで毎日の記録を取って1週間平均ごとに数字を追ってみてください。

自分の体重が上昇、下降の傾向が分かるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました