食事制限だけのダイエットはリバウンドの要因に…。

スポンサーリンク

こんばんはー!462Mです。
今日は食事制限のみのダイエットが何故良くないかを書きたいと思います。

スポンサーリンク

消費カロリーと摂取カロリーの関係

体が使うエネルギーを消費カロリー食事で体に取り入れるエネルギーを消費カロリーと言います。

  • 太る時は「摂取カロリー > 消費カロリー」が成立
  • 痩せ時は「消費カロリー > 摂取カロリー」が成立

例を挙げてもう少し体の変化を見ていきます。

体重50kgの人が10kg増えた時の体の変化

50kgの人が運動不足と過食で10kg太ったとします。

体が10kg重くなる訳ですから、支えるための筋肉量も増えてるんです。

適当な値ですが筋肉が「2.5kg」増え、体脂肪が「7.5kg」増えたとします。

10kg太った人が食事制限のみで50kgに戻した時の体の変化

消費カロリーが摂取カロリーよりも多いと、体は不足したエネルギーを体内から作り出さなければいけません。脂

肪が分解されると思われがちですが、筋肉も分解されます。むしろ脳が体の危機と判断し、筋肉を優位に分解してしまいます。
ダイエットでままある停滞期というのは、このような体の機能も関連しています。

食事制限のみで体重を戻した時の体の変化は、筋肉が「-5.0kg」脂肪が「-5.0kg」で、前の50kgの時よりも筋肉量が減ってしまう事になります。

体重は同じだけど、見た目は以前よりもタルんでしまう結果となります。

食事制限のみのダイエットは精神的なストレスも多いので、よけい落ち込みますよね。

さらに食事制限のみのダイエットの怖いところ

問題はたるみだけではありません。

はじめに書いた消費カロリーの変化があります。

消費カロリー = 基礎代謝 + 運動による代謝

「基礎代謝」とは、呼吸や心拍など生命を維持するための消費カロリーで、安静にしていても消費できるカロリーです。

運動による代謝は、トレーニングいがいにも、通勤、勉強、デスクワーク、家事などで消費する代謝になります。

食後消費される代謝もあるのですが、ダイエットでは基礎代謝の一部と考えていいかと思います。
ここでは厳密な意味を理解する事が目的ではないので省いています。

大切なのは「筋肉量」「筋力」が高ければ、基礎代謝も運動による代謝も増える事です。

つまり上記の例の方は「ダイエット前よりダイエット後の方が太りやすい体になった」ことになるんです!

ダイエットには筋トレ+食事制限がお勧めです

有酸素(ウォーキング、ジョギング)などもありますが、ダイエットには筋トレ+食事制限で、1日の消費カロリーを300〜450kcal(体重換算で月1〜1.5kg)ほどを目指すことを進めます。

食事制限だけでは筋肉が減ってしまうことを説明しましたが、筋トレをすることで筋肉量の維持、場合によっては増加も期待できるからです。

それ以外にもメリットはあって、部位を分ける(上半身、体幹、下半身)ことで、1回あたりの時間を10〜15分程度で済ませることができ、忙しい人でも対応できます。

筋トレはボディビルダーの方々がやるようなハードなものをやる必要もありません。

初めのうちは物足りないぐらいで十分で、2週間後、1ヶ月後と体の調子を見ながら、少しずつプログラムの負荷を上げていけば十分です。

1ヶ月もすれば、見た目の変化、体重の変化、プログラムの強度向上で自信が湧いてきて、ダイエット継続だけでなく、普段の生活のモチベーションも上がるはずです。

まとめ

  • 痩せるとは「消費カロリー > 摂取カロリー」
  • 太るとは「摂取カロリー > 消費カロリー」
  • 食事制限のみのダイエットは筋肉量が減り消費カロリーが少なくなる
  • つまり太りやすい体になってしまう
  • なので食事制限のみのダイエットはダメ

見た目、精神衛生上のためにも、筋トレでダイエットがんばりましょうー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました